カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

CA19-9 腫瘍マーカー検査

検査の目的:CA19-9の量で主に消化器系の臓器の状態を調べる

CA19-9は,正常組織中の唾液腺,胆管,気管支腺などに存在しており、消化器癌,特に膵・胆のう・胆管癌において高い陽性率を示します。

そのため、癌の診断補助,治療経過及び再発のモニターとして有効と言われています。

しかし、このマーカーは、ある臓器に特異的に陽性になるわけではなく、その他の消化器癌(胃癌・大腸癌),肺癌,乳癌などでも陽性を示すことがあります。

また、胆石、慢性膵炎、慢性肝炎などの良性疾患でも陽性を示すことがあります。

なお、日本人の4〜10%の人はこの糖鎖を体内で合成できないため、CA19-9が限りなく低値になります。




◆CA19-9 腫瘍マーカー検査◆

女性用 がん総合リスクチェック

ページトップへ